ステンレス鋼線に秋に簡単処理の誤解

304 ステンレス鋼線の製造、いくつかの誤解頻繁に発生する、いくつかの業者を中心に。みんなの中国の標準部品ネット簡単な要約。ポイント 1 が間違っている: ステンレス鋼線はしばしば人々 の目に表示されますは、広く使用多くのステンレス鋼産業の鉄鋼原料ワイヤー製品、鋼の表面は美しい大きな単一の下で急速に消費者を引き付けるために明るいスポット、鋼線、顧客が実際より有利の滑らかできれいなポイントに外観は、美しい外観とステンレス ワイヤの品質は良いか悪いかに直接関連しません。ステンレス鋼線

2: マニュアルと機械がステンレス鋼の絹を製造する個人の考えでは違い必要はありません。外観でマシンが手よりも美しいステンレス シルクがマシン、完成品にでより相当である;さらに、溶接もマンパワー人材や物的資源を費やす必要がある、また、隠されたセキュリティ トラブル、このコントラスト、機械製造の優位性は自明であります。ステンレス鋼線

3: 小さい方のほとんどのステンレス鋼ワイヤーの選択、これは主に、お客様の実際のニーズを参照してくださいが盲目的に小さな良いは分析する科学的な特定の問題ではないと思います。誤解の上に 3 種類は明らかである、発見することができますので、機会を避けることができます、自分に重点を置いてあります。ステンレス鋼線