ステンレスワイヤーロープ取り扱い上の注意

ステンレススチールワイヤーロープの取り扱いは、機械装置の取り扱いと同じ注意を払って行う必要があります。 ステンレススチールワイヤーロープを取り外すときは、ステンレススチールワイヤーロープが損傷を受けたり、ロープホイールが損傷しないように、高所から直接押し込むことは禁じられています。 ステンレススチールワイヤロープ

正しい方法は、ロープホイールの軸穴に鋼管を装着し、両端を吊り下げ、ステンレス鋼のワイヤーロープをクレーンまたは同様の機械で持ち上げてアンロードする方法です。 ワイヤーロープを地面に転がす場合、クローバーはロープホイールのフランジ部にのみ使用でき、ワイヤーロープに直接接触することは厳禁です。 同時に、地面は滑らかでなければならない、鋭いまたは硬いオブジェクトからワイヤーロープを通過させないでください。ステンレススチールワイヤーロープ

拘束期間中のステンレス鋼線ロープは平らではない。それを覆うために石、厚板または他の物体を塗布し、クッションを覆う。 ステンレスワイヤーロープは、通常、換気された乾燥した場所に配置し、熱源、酸、アルカリなどワイヤーロープの中規模の環境のパフォーマンスを危険にさらすことを避ける必要があります。 保管中は、定期的にステンレススチールワイヤーロープを点検し、粘着性のある砂、土壌、および油分を保護するコーティングを適時に清掃する必要があります。ステンレススチールワイヤーロープ

ほとんどの使用要件は、建物の元の外観を長期間維持することです。 選択すべきステンレス鋼のタイプを決定する際には、要求される美的基準、大気腐食の位置および使用される洗浄システムが主な考慮事項である。 しかしながら、ますます多くの用途が、構造的完全性または水の浸透のみを求めている。 例えば、工業用建物の屋根や側壁.Stainless Steel Wire Rope

これらのアプリケーションでは、所有者の建設コストは審美的よりも重要かもしれない、表面は非常にきれいではないことができます。 乾燥した屋内環境での304ステンレス鋼の使用はかなり良いです。 しかし、田舎や市では外出を維持するために、定期的に洗う必要があります。 汚染された工業地域と沿岸地域では、表面が非常に汚れて、さらには錆が発生します。