ステンレス鋼線の製造の違い

ステンレスばね材は通常冷たい描画処理のより大きい直径の相違のためのハード ディスクの状態です。ステンレス明るい線は通常通常の冷たい描画のハードの状態で冷間引き抜き。ステンレス鋼光伸は通常冷たい描画処理の小径の違いのため、ソフト状態で。ステンレス鋼の水素離脱ワイヤは一度屋根のような製品、表面を熱処理後焼鈍炉水素パイプラインの抽出のため、通常ソフトです。ステンレス鋼線

手作りと機械製のステンレス鋼ワイヤーの違いはありません。外観でマシンが手よりも美しいステンレス シルクがマシン、完成品にでより相当である;さらに、溶接もマンパワー人材や物的資源を費やす必要がある、また、隠されたセキュリティ トラブル、このコントラスト、機械製造の優位性は自明であります。ステンレス鋼ワイヤの選択は小さくほとんど、これは主に盲目的に小さな良いが分析する科学的な特定の問題ではないことだと思うしかし、もし、お客様の実際のニーズを参照してください。ステンレス鋼線

ときロープの端または壊れたワイヤの近く小さな数もサイト応力が非常に高い場合は、ロープの長さを許可を示す場合でも切断する必要があるワイヤ、ワイヤが壊れて大面積の場所をすれば治療をスクラップします。壊れたワイヤを閉じる一緒にローカル集約を形成するため、ステンレス鋼ワイヤー ロープが廃止されるべきであります。ステンレス鋼ワイヤー ロープの部分は、機械的事故による圧縮されます。ときに深刻なステンレス鋼ワイヤー ロープが廃車する必要があります。ステンレス鋼ワイヤー ロープの直径の局所的還元多いコアの破損に関連しています。ロープ径でローカル減る深刻なステンレス鋼ワイヤー ロープを廃棄しなければなりません。ステンレス鋼線ステンレス鋼ワイヤー ロープの直径はローカル増加可能性があります、長いステンレス ワイヤー ロープに到達することができます。ロープ径の増加は、通常、ケーブルのコアの歪みに関連し、その結果、外側のロープのストランドがバランスの取れた位置が正しい。ステンレス鋼線

ロープの直径の深刻な増加のステンレス鋼ワイヤー ロープを廃車する必要があります。給油不足、不適切な潤滑および塵および屑の存在することができます摩耗を悪化させます。摩耗減少ステンレス鋼ワイヤー ロープの破断部分になり、強度が低下します。外側の鋼線摩耗その直径の 40% に達すると、ステンレス鋼ワイヤー ロープを廃車する必要があります。ステンレス鋼線