ステンレス鋼ワイヤの特性の紹介

304ステンレス鋼線の製造では、いくつかの誤解がしばしば発生する。 みんなのための中国標準部品ネットは簡単な要約です。 間違ってポイント1:ステンレス鋼線は、多くの人々の目に表示される、多くのステンレス鋼ワイヤー完成品で、工業用鋼材の原料のより広範な使用です、鋼の表面は美しく、単一の大きな明るいの下ですぐに消費者を引き付けるようになるスポット、スチールワイヤーの滑らかでクリーンなポイントの外観は、顧客によってより好まれているが、実際には、美しいとステンレス鋼のワイヤー品質の外観は直接関連していません。ステンレススチールワイヤー

手作りと機械で作られたステンレス鋼線の間に違いはありません。 外観では、機械はステンレスシルクを手よりも美しくするが、機械は最終製品をより実質的にする。 加えて、人材溶接はまた、人員と材料資源を費やす必要があり、またセキュリティ隠されたトラブルを持って、この対照は、マシンの優位性は自明です製造しています。 ステンレス鋼線の選択は主に小さいですが、これは主に顧客の実際のニーズを見ることですが、盲目的に小さな善は科学的ではないと考えるならば、分析すべき特定の問題です。 上記の3種類の誤解は、発見することができるので、避けることができる機会があり、自分自身に重点が置かれているので、明らかです.Stainless Steel Wire

スプリングステンレス鋼線は主にオーステナイトおよび析出硬化タイプ2、オーステナイトを302,304,316に、代表的な析出硬化タイプを631j1ブランドに使用しています。 各規格において、同じ鋼番の化学組成は基本的に同じであり、製錬組成の許容偏差は基本的に同じである。 しかし、ASTM A 313-2003の新しい規格は、ブランドXM28,241,204を増やし、新しいグレードはNI.Stainless Steel Wireの代わりにMNを使用しています

鋼線の技術的特性は春と葦の速度に大きく影響し、また耐用年数にも大きな影響を及ぼす。 国際規格や米国規格にはさらに多くの試験項目があり、巻線、巻線、曲げ試験などの項目がいくつかあります。さらに、鋼線の真直度、高円弧および弦長をテストするための日本規格スチールワイヤープロセスの性能に必要です。ステンレススチールワイヤー