高強度ステンレス鋼線のアプリケーション

春ステンレス鋼線は主にオーステ ナイト系で使用、析出硬化型 2、302,304,316 にオーステ ナイト析出硬化型 631j1 ブランドに代表など。各規格の鋼と同じ数の化学組成は基本的に同じと組成を製錬の許容偏差は基本的に同じ。しかし、ASTM 313-2003 新しい標準増加ブランド XM28、241,204、新しいグレードは、NI の代わりに MN を使用します。ステンレス鋼線

ステンレス鋼線の春の生産はまた、厳格な要件を持っています。耐腐食性の特性に加えてステンレス鋼線は今高い引張強度を必要として疲労寿命は、アメリカ合衆国と比較する必要があります。析出硬化系ステンレス スプリング ワイヤにはより広い見通し。描画補助材料の開発、それが徐々 に実現されます。ステンレス鋼線

表面処理鋼のワイヤー コーティング ワイヤのすべての種類: 一般に、再び、層の形成後春春のパフォーマンスに影響します、最初の亜鉛めっき鋼線を使用して、このような状況をある程度に減少します。既存のめっきの種類: 亜鉛めっき、ニッケル、錫、銅めっきまたは混合めっき。他のばね鋼のマルテン サイト高齢化処理鋼板線エンジン バルブ スプリング、高応力でエンジンのローターで 10,000 倍以上/時間、材料は、耐熱性が必要です。ただし、油焼入れ鋼線では、このような要件は到達しない、マルテン サイト系高齢化処理鋼ワイヤが使用できます。低温窒化処理によるバルブ スプリングの特性を改善するために非常に効果的です。ステンレス鋼線

高強度使用初期秦鋼ワイヤより一般的な耐腐食性が非常に悪い。クロメート処理は、防錆のため必要です。過去には、溶融亜鉛めっき鋼の塗装は反に恵まれていたが、大気中で変色を防ぐために、腐食の効果それはクロム酸で治療する必要があります。クロメート処理は化成処理のコーティング、6 価クロムを含むフィルムをカバーします。環境保護の観点から問題があります。ステンレス鋼線

高強度ステンレス鋼線はよくこの問題を解決することができます。密ひずみマルテン サイト構造の制御により、冷間加工で高い引張スプリング線は良い靭性を維持し、ばね用高強度ステンレス鋼線用ピアノ鋼線と比較することができます。オーストリアのシステムに属しているので、良好な耐食性が非常に環境に優しい材料です。ステンレス鋼線